お問合せ

ブログ

ホーム > ブログ >夏の風物詩 鵜飼 安芸高田リフォームブログ
ブログ
夏の風物詩 鵜飼 安芸高田リフォームブログ 投稿日:2021年08月5日 一覧に戻る
安芸高田リフォーム.comのフジワラです。


毎日暑い日が続いています。


いつまでこの暑さが続くのだろう・・・と


まだまだ当分続きそうですね。(-_-;)


もうすぐお盆が来ますが、


夏のイベントの中止、外出の自粛等で、


なかなか夏らしさを感じないのは私だけでしょうか・・。


夏といえば!!

私が住んでいる三次市の


夏の風物詩ともいえる、”三次の鵜飼”


昨年は中止となり、


今年も延期や再延期となっていましたが、


7月末に2年ぶりに始まったと聞いて、


夕方 自転車こいで見に行ってきました!


昔から馴染みのある三次の鵜飼。


なんと450年もの歴史があり、


広島県無形民俗文化財にも指定されています。


潜水して魚を捕食する鵜の特技を利用し、


天然のアユを獲る伝統漁法で、鵜匠さんと呼ばれる匠が


手網を操って鵜を何度も川に潜り魚を捕まえていきます。


遊覧船では間近に見ることもでき、鵜匠さんの匠技と


豪快なパフォーマンスを見せる鵜の


それはそれはダイナミックで、圧巻らしいですよ。


ちょうど夕日が綺麗に染まって、綺麗な夕空。





まさにふさわしい夕空。


河辺から撮ったのですが、鵜飼いの様子です。

どんどん川を下って、巴橋が見えてきます。





幻想的な夜空で、巴橋のライトアップと共に


三次ならではの雰囲気に感動しました。


今年は例年よりも乗船客数の制限もあるそうですが、


鵜匠さんの乗った船に並んで間近に鵜を見れる乗船もできて、


目の前で鵜も見ることができて迫力を感じれるみたいです。





9月10日まで開催しているそうです。


夏らしさを感じたひとときになりました。

ページ先頭へ

コメントを残す





来店予約
お問合せ
ページトップへ