資料請求はこちら

資料請求はこちら

ブログ

ホーム > ブログ >名字の日 安芸高田リフォームブログ
名字の日 安芸高田リフォームブログ 投稿日:2018年09月19日
こんにちは。安芸高田リフォーム.comの杉本です。

今日9月19日は「名字の日」だそうです。

普段当たり前のように使い、ブログでも毎回名乗らせていただいている「名字の日」とは?

そして、2月13日も「苗字の日」とか…。1年に2回あるの?

調べてみました。



9月19日の「名字の日」は、

1870年(明治3年)9月19日に出された「平民名字許可令」に由来するそうです。

貴族や武士の特権であった名字が、明治政府によって平民にも許可された日ということです。

ただ強制力がなかったために、名字はなかなか普及しなかったそうです。

平民にしてみれば、今まで何百年も名前のみで不自由なくやってきたのに、

急に名字を名乗れと言われても…という気持ちだったのでしょうか。

一説によると、明治政府への信頼感が薄く、名字をつけると税金を課せられると警戒していたとか。

急な近代化に一般の人々が戸惑っていた様子が感じられますね。



欧米にならって、戸籍を整備して日本を近代化させたいと考えていた明治政府は、

その5年後の1875年(明治8年)2月13日に「平民苗字必称義務令」を出して、

すべての国民に強制的に苗字を名乗らせました。これが、もう一日ある「苗字の日」の由来です。

ちなみに2月13日の苗字の日は、「苗字制定記念日」とも呼ばれているそうです。

なるほど。

名字をつけてもいいよ~と許可された日と、苗字をつけなさい!!と強制された日ということですね。



私たちのご先祖様は、どうやって名字を決めたのでしょうか。

由来を調べたり、思いを馳せたりするも楽しいですね。



ちなみに「苗字」と「名字」の違い、わかりますか?

今回のブログでは、意識をして使い分けています^^

「苗字」…血統、血族に由来する言葉。江戸時代に作られた言葉。

「名字」…地域、区画など、所有地に由来する言葉。平安時代から使われている。

現代では一般的に「名字」を用いていますよね。

戦後発表された「当用漢字表」で「苗」の読みに「ミョウ」が加えられなかったため、

「苗字」が徐々に廃れていったようです。

現在の「常用漢字表」でも加えられてはいませんが、表外の読みとして「ミョウ」と記されています。

とても勉強になりました^^



リフォームするならすみよしで!

お気軽にお問合せ下さい。
ページ先頭へ
ご予約はこちら
お問合せはこちら
お問合せ
ページトップへ