資料請求はこちら

資料請求はこちら

ブログ

ホーム > ブログ >土用の丑 安芸高田リフォームブログ
土用の丑 安芸高田リフォームブログ 投稿日:2018年07月20日
こんにちは。安芸高田リフォーム.comの岡田です。

今朝も9時前に30℃を超えていました。

昨日、杉本がブログに書いていましたし、様々なメディアで目にしますが、

本当に「命に関わる危険な暑さ」が続きます。

小学校は、今日が1学期の終業式で、明日から夏休みに入るところが多いと思います。

子供達が待ちに待って楽しみにしている夏休み。

事件や事故に巻き込まれないように、熱中症にならないように、

十分に注意して元気に過ごして欲しいと思います!


さて今日は「土用の丑」です。

うなぎの蒲焼を予約されている方、今日、購入される方、

多いのではないでしょうか?

うなぎが苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、

そもそも土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、

江戸時代から始まったそうです。

当時「丑の日にちなんで、"う"から始まる食べ物を食べると夏負けしない」

という風習がありました。

そんな中、旬ではない夏にうなぎが売れなくて困っていたうなぎ屋が、

平賀源内に相談したところ、「"本日丑の日"という張り紙を店に貼る」

という発案が功を奏し、うなぎ屋が大繁盛したそうです。

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、

しだいに「土用の丑の日は、うなぎの日」という風習が定着したとされています。

(※諸説あり)


うなぎの旬って冬だったんですね。

土用の丑の日に食べるうなぎが美味しくて楽しみにしているので、

旬ではない時に「美味しい♪」と思って食べていたとは、

少しショックです・・・。

ですが、旬でない夏にこれだけ美味しいということは、

旬の冬に食べたら、どれだけ美味しいのだろうかと、興味もわきました!

冬まで覚えていることが出来たら、奮発して買ってみたいです。


写真は昨日、主人が職場からいただいて帰ったうなぎです。



家族で分けて、美味しくいただきました!


ちなみに土用の丑の日は、夏だけではなく春・秋・冬にもあります。

なぜ夏だけうなぎを食べるのかといえば、上述の通り、

平賀源内が起源とされる、うなぎを食べる風習が「夏の土用の丑の日」だったからです。

その「夏の土用の丑の日」ですが、今年は本日と8/1(水)の2回あります。

今日食べられなかった方も、もう一度チャンスがあります!

うなぎが苦手でなければ、しっかり食べてスタミナをつけ、

暑い夏も元気に過ごしたいですね。



リフォームするならすみよしで!

お気軽にお問合せ下さい。



他ページもお楽しみください。(新しいウィンドウが開きます)

☆施工事例 WORKS  リフォーム実例をご覧ください
コンセプト CONCEPT  すみよしが大切にしていることをお伝えしています

☆リフォーム REFORM  リフォームの流れについてご紹介しています
ページ先頭へ
ご予約はこちら
お問合せはこちら
お問合せ
ページトップへ